映画「ミセン」素晴らしい原作をたった10分の短編映画に!?

映画「ミセン」素晴らしい原作をたった10分の短編映画に!?ウェブ漫画「ミセン」が映画に生まれ変わった。「ミセン」の各キャラクター別、6つのエピソードが短編モバイル映画として制作され、毎週金曜日に順番に公開される予定だ。「ミセン」は非正規労働者チャン・グレという人物を中心に、会社で起きる出来事を盛り込んだウェブ漫画だ。毎回、名台詞を残し、累積閲覧数が4億回を突破した話題作だ。そのような「ミセン」が映画としてスクリーンに登場するという噂が広がり、多くの人々から関心を集めた。果たして、主人公チャン・グレは誰が演じて、会社で起きた膨大な出来事はどう盛り込むのかなどが疑問になっていた。ドラマとして制作されてもどこか足りないのに、映画、それも10分以内の短い短編映画に作り上げるということにウェブ漫画のファンとして不安を感じた。演出を務めるソン・テギョム監督は原作を損ねないで欲しいとのメールをもらったそうだ。それに「ミセン」は膨大なストーリーだけではなく、その中に人生哲学、サラリーマン生活の哀歓と教訓などの深いメッセージも盛り込まれており、短い映画に取り入れることはとても難しい。非正規労働者チャン・グレだけではなく、新入社員、代理、次長など、それぞれ違う特徴を持つキャラクターたちも「ミセン」でとっておきの魅力となるポイントだ。このような「ミセン」を映画にするという試みは、愛読者にとっては、失礼なことかもしれない。一体どのように映画が作られたのか気になり、5月24日午前、ソウル光化門(クァンファムン)近くのレストランで開かれた映画「ミセン」の試写会現場に駆けつけた。いざ映画「ミセン」の蓋を開けてみると、これまでの心配事がすべて吹き飛ばされてしまった。ウェブ漫画と違う映画「ミセン」だけの5つの魅力をあげてみた。

1.プリクエル映画:ミン・イェジ脚本家「ウェブ漫画『ミセン』は、それ自体が完璧すぎて、手を付けるところがなかった」

映画「ミセン」素晴らしい原作をたった10分の短編映画に!?

ソン・テギョム監督、キム・ボラ、キム・テヒ監督、ミン・イェジ脚本家(左から)

映画「ミセン」はウェブ漫画の内容をそのまま映画化したのではなく、ウェブ漫画には出てこない過去の話に焦点を当てた“プリクエル”(原作の序章にあたる内容)だ。ミン・イェジ脚本家は「ウェブ漫画『ミセン』が描いているサラリーマン生活の詳細部分は、いくら映画で表現しても絶対に原作を超えることはできない。その代わり『ミセン』のファンたちは、入社前の姿やどのように成長してきたのかについて知りたいのではないかと思った」とプリクエル映画を作るようになったきっかけを話してくれた。事前に原作者の漫画家ユン・テホとキャラクターのどのような部分を強調するかに対してたくさん話し合ったと聞き、信頼度も高くなった。5月24日に公開されたチャン・グレのプリクエル編は、囲碁のプロ志望者だったチャン・グレが囲碁をやめて、無気力に牛乳配達をしていたところ、アパートのエレベーターの扉に描かれている碁盤を目にし、未知の相手と囲碁の対決をしながら、生きる原動力を得たという内容である。ウェブ漫画でチャン・グレは仕事に意欲を示し、囲碁から学んだ教訓を積極的に活用する。映画は、高卒で囲碁しか知らないチャン・グレが一体どんなきっかけで入社することになったのかを知りたがるファンたちの疑問点を晴らした。

2.モバイル映画:ソン・テギョム監督「クローズアップで感情的なシーンを表現するためにどうすればいいか悩んだ」

ソン・テギョム監督、キム・ボラ、キム・テヒ監督、ミン・イェジ脚本家(左から)

ソン・テギョム監督

映画「ミセン」のもう一つの特徴は“モバイル映画”という点だ。人々が公共の交通機関を利用する間、ウェブ漫画を読むように、映画「ミセン」も気軽に楽しめるモバイルムービーとして作り上げた。ソン・テギョム監督は「小さな画面の特徴上、多くの方々が気軽に見られるようにクローズアップと字幕を活